環境課題に挑む若手起業家と広がるエコシステム

Youth Co:Lab2022 日本ダイアローグ第1弾

2022年8月18日
ycl2022 japan dialogue 1
Event Details

06 9月 - 06 9月

19:00~20:30

オンライン(Zoom)

 

社会と環境課題解決に向けて取り組む若者や起業家をいかに生み育てていくか?若者による社会起業とイノベーションを支援する「Youth Co:Lab」の一環として、若手環境・社会起業家と起業家サポーターが対話する「日本ダイアローグ」第1弾を9月6日にオンラインで開催します。

気候変動、プラスチックごみ問題を含む資源の不適正な管理、生物多様性の損失など環境問題は、経済・社会活動にも大きな影響を与えるグローバル課題として、世界中でその関心や危機感が一層高まっています。同時に、ビジネスにおいても、従来の経済的リターンだけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮したESG経営に加え、持続可能な開発目標(SDGs)を本質的な経営・事業の中核に取り込む動きが高まっており、SDGs達成へ向け、経済と環境を切り離して考えることはできません。

今年の日本ダイアローグ第1弾では、環境課題解決に取り組む若手社会起業家を育む土壌づくりについてディスカッションを行います。

本セッションでは、コオロギの資源化を通じた新たな食の循環と生態系保全を目指す起業家や、 ゼロ・ウェイストや脱炭素社会の実現に取り組みダボス会議共同議長も務めた起業家を招き、その活動と可能性について実体験を共有いただきます。また、環境スタートアップとアカデミアの視点を持ち、イノベーションエコシステムの創造に取り組むエコシステムプレーヤーをモデレーターに、環境と経済分野に取り組む行政の役割にも注目。現在の環境問題と起業エコシステムにおける課題と展望についても語っていただきます。

環境課題に取り組む起業家を目指す方や、起業家を支援したい方はもちろん、社内起業を考えている人、環境課題解決のヒントを得たい人まで、幅広い参加をお待ちしています。なお、イベントの最後には登壇者とのオンライン懇談会も予定しています。


概要

日時:2022年9月6日(火)19:00~20:30

プログラム

  • 19:00 オープニング・開会挨拶   
  • 19:10 対話型セッション
  • 20:10 質疑応答
  • 20:30~20:50 登壇者との懇親会 (希望者のみ)

※少人数グループに分かれて交流

場所:オンライン(Zoom)

参加費用:無料

参加登録: こちらのリンクよりご登録ください。

使用言語: 日本語(通訳なし)

登壇者(敬称略):

  • 坂野晶 一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン代表理事/一般社団法人Green innovation 理事
  • 葦苅晟矢 株式会社 エコロギー 代表取締役CEO
  • 水野紗也 環境省 環境経済課 環境金融推進室 室長補佐
  • (モデレーター)藤瀬里紗 CIC Tokyo Project Lead / 株式会社イノカ 主任研究員 / 広島大学 特任助教

 

登壇者プロフィール