SDGインパクト基準研修 グローバル発表会 〜SDGsで、ビジネスにも驚きの効果を!〜

UNDP総裁来日!

2022年6月30日
sdg impact event on 14 July 2022
Event Details

14 July - 14 July

11:30 - 13:00

会場参加とオンライン参加のハイブリッド方式


このたび、国連開発計画(UNDP)は、経営や事業の中核に持続可能な開発目標(SDGs)を組み込み、インパクトを創出するための「SDGインパクト基準研修」を、世界に先駆けて日本で開始します。研修開始を記念し、3年ぶりにアヒム・シュタイナー総裁が来日し、7月14日(木)、東京でグローバル発表会を開催します。

この研修プログラムは、SDGs達成に向けた民間資金の流れを拡大するためにUNDPが立ち上げた「SDGインパクト」というプロジェクトの一環として開発されました。これは、SDGs達成につながる投資や事業の世界基準を策定し、研修を実施し、その基準に適合した案件を認証するプロジェクトです。日本からは、「新しい資本主義実現会議」構成員も務めている渋澤健さん(シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役)がこのプロジェクトの運営委員を務めています。

SDGsの目標期限である2030年まであと8年を切りましたが、SDGsは多くの企業や組織の事業活動に導入されてきています。次の段階として、より本質的な経営・事業の中核にSDGsを組み込み、実践し、社会課題解決に向けたインパクトを創出していく必要があります。

そこで、UNDPでは、「企業・事業体向けSDGインパクト基準」の日本語訳を2021年12月に公開しました。これは、企業や投資家が、SDGs達成につながる事業運営を行うための基準です。

さらにUNDPはこの7月、SDGsに貢献するためのインパクトマネジメントについて基礎から実践まで学ぶことのできる、SDGインパクト基準研修を世界に先駆けて日本で開始します。研修は、一般財団法人 社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)と特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン(SVJ)の認定講師が行います。また、取り組み普及のため、博報堂DYホールディングスのクリエイティブ・ボランティアのご支援を得て、SDG インパクト特設ウェブサイトを開設します。

本イベントでは、SDGインパクト基準研修の概要についてご説明するとともに、渋澤健さんより、SDGインパクトの日本における意義を解説していただきます。また、企業の立場からも、この取り組みをどう役立てられると考えるかお聞きします。 SDGsを経営や事業に組み込み、積極的に貢献したいと考えている企業や団体の皆様の幅広い参加をお待ちしております。


  • 日時:7月14日(木)11:30-13:00
  • 場所:東京ミッドタウン日比谷6階 BASE Qホール1
  • 形式:会場参加とオンライン参加のハイブリッド方式
  • 言語:英語・日本語(同時通訳あり)
  • 主催:国連開発計画(UNDP)
  • 後援:一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)
  • 協力:一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)、特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン(SVJ)

お申込み:以下の登録サイトよりお申し込み下さい。

 

会場参加登録の締め切りは7/13(水)正午までです(先着100名)  

 

※新型コロナウイルス感染症予防のため、会場参加にお申し込み頂いた場合でも、オンラインでのご参加をお願いする場合がございます。恐れ入りますが、予めご了承ください。


プログラム

11:30 – 11:45
  1. 開会挨拶
  2. 社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)・ソーシャルバリュージャパン(SVJ)・博報堂DYホールディングスからのご支援の紹介
  • アヒム・シュタイナー UNDP総裁
  • 一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)代表者
  • ソーシャルバリュージャパン(SVJ)代表者
  • 博報堂DYホールディングス代表者
11:45 – 11:50 挨拶
  • 天谷知子 金融庁 金融国際審議官
11:50 – 12:10
  1. SDGインパクトの概要
  2. SDGインパクト基準研修の概要
  • ファビエンヌ・ミショー SDGインパクトディレクター
12:10 − 12:20

日本でのSDGインパクト基準研修の概要

  • 今田克司 SIMI代表理事
12:20 – 12:30 新しい資本主義とSDGインパクト
  • 渋澤健 SDGインパクト運営委員
12:30 – 12:55

パネルディスカッション:
「SDGインパクトが企業にもたらすもの~インパクトを創出するサステナブルな資本主義へ~」

モデレーター:

  • 今田克司 SIMI 代表理事

パネリスト:

  • ファビエンヌ・ミショー SDGインパクトディレクター
  • 渋澤健 SDGインパクト運営委員
  • 銭谷美幸 経団連 金融・資本市場委員会 建設的対話促進ワーキング・グループ座長、第一生命ホールディングス(株)経営企画ユニットフェロー
  • 末吉光太郎 みずほフィナンシャルグループ兼みずほ銀行法人業務部 サステナブルビジネス企画室 室長兼SDGsビジネスデスク デスク長
12:55 – 13:00 閉会挨拶
  • 近藤哲生 UNDP駐日代表

 

 


会場アクセス

東京ミッドタウン日比谷 6階 BASE Q

  • 東京メトロ千代田線・日比谷線、都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結
  • 東京メトロ有楽町線「有楽町」駅直結(徒歩4分)
  • 東京メトロ丸の内線・日比谷線・銀座線「銀座」駅直結(徒歩5分)
  • JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅(徒歩5分)

SDGインパクトとは 

SDGs達成に向けた民間資金の流れを拡大するため、2018年より UNDPが世界各国で進めている取り組みです。以下のような活動を行っています。

  • SDGsに資する事業運営を行うための3種類の「SDGインパクト基準」(「プライベートエクイティ(PE)ファンド向け」、「債券向け」、「企業・事業体向け」)の策定  
  • インパクトマネジメント研修制度の導入 
  • 上記基準に合致した企業等の認証および「SDGインパクト認証ラベル」の提供(今後実施予定)
  • 投資対象となる途上国のビジネス情報を検索できる「SDG投資情報プラットフォーム」の運営 

問い合わせ先:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所
Email: event.japan@undp.org